I owe what I am to you.

ありがとう の キモチ を のせて ・・・
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  46

時計と時計占い

その昔(といっても本当にひと昔・・いやふた昔??)、時計の扱い方で、その人の異性に対する思いだとか、行動だとかを占うってのが流行ったなぁ。
男性の車の扱いだとか、運転の仕方が女性に対するなんとやら・・・ってのと似たようなヤツ。

私にとっての時計の付け方って、その時によって色々違ってた。
・時計が腕にあることが邪魔で嫌だったから、時計をしていなかった時期(時間はそこら辺の時計(外出先でも)で確認)
・時計は鞄につけていた時期(あんまり時計は見ない)
・好きな人が左利きで、その人と同じがよくて、右腕にしていた時期
・時計がないと落ちつかなくて、肌身離さずつけていた時期
(↑更にこの時期は、ぴったり1分時間を進めていた時期と、だいたい2~3分進めていた時期がある)
で、最後の4つ目は、寝ているときもつけている。
はずすのは、お風呂に入るときだけ。

・・・ここのところはずっと4つ目。
最近ようやく家でPCをする時(時計とPCがぶつかって傷がついたら嫌)と、キッチンに立つとき(パン教室では時計をはずさないとならないから、その影響かなぁ)と、あとは相変わらずお風呂のときだけだけど、外すようになった。

なんだか笑える。
その通り、って感じ。*^-^;

で、なぜ時計の話題かっていうと、、、

今朝起きたら腕についてる腕時計が止まってて・・・焦った!!!
かなり。
起きた瞬間、時計を見て、「こんな早い時間なわけないっっ!!」とドキドキし、携帯(目覚ましがわりにしてる)に飛びついてホントの時間(時計は5時6分くらいで止まっていたのだけれど、実際は7時半だった)を確認し、時計が止まっているとわかった瞬間、今日の予定を頭の中で一瞬にしてグルグルと駆け巡らせた。。。
今日はケータリングのお手伝い。
色々と時間との闘いになるだろうに、自分の時計が腕にないなんて耐えられるだろうか・・・
・・・って、大げさかな?
でも、それくらい大事なの。
私にとって、、、時計。

今の時計は、父が二十歳のお祝いにプレゼントしてくれたもの。
お小遣いの少なかった父が、何ヶ月分か貯めて買ってくれたのであろうその時計は、それでも決して高いものではないのだろう。
でも、この時計、決してずれないの。
遅れもしないが、進みすぎもしない。
1分進めておけば、ずぅ~~~っときっかり1分先にすすんでくれる。
私はその時計を目安に行動していけばいい。
そんな時計が止まっちゃったから。。。
で、一日が無事終わって、なんだかこんな時計占いを思い出しちゃったー。
・・・その通り、、って改めて思っちゃった。。。(笑)))
スポンサーサイト

別窓 | 日記・コラム・つぶやき | コメント:0
∧top | under∨
<<眠れなくて結局・・・ | I owe what I am to you. | 秋のドラマ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

| I owe what I am to you. |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。