I owe what I am to you.

ありがとう の キモチ を のせて ・・・
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  37

あのね

この木なんの木

何が嫌だったかって
あなたが話題にのぼったこと。

決していい話じゃなかった。
でも、そんな話をしていた人は、あなたのことが嫌いなんじゃないってことは、わかってる。
…何も知らない振りをして、黙って聞いているのはつらかった。
あなたが何も話してくれなかったことも苦しかった。

でも思うの。
何も話さないのも、話してしまうのも、きっと意味があるんだろうなって。
ううん、もしかしたら、どちらにしても、それほど意味はないのかもしれない。
…それは本人にしかわからない。
だから、私があれやこれや考えても仕方ないんだよね。

うん。

だから今日さっき、ほとんど黙って話を聞いてくれた中で、あなたが語ってくれた自分の思いについては、嬉しかった。
だから、これ以上、聞いちゃ話しちゃいけないんいだな…って思った。

言葉は怖い。
発した瞬間、鋭いトゲになってしまうってあるよね。

明日からまた、笑顔でいなくちゃ。
せめて独りで泣きたい。
なのに泣けない。
涙が出てこないよ。
あぁ。
スポンサーサイト

別窓 | 日記・コラム・つぶやき | コメント:0
∧top | under∨
<<ホントは | I owe what I am to you. | わからなくて>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

| I owe what I am to you. |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。