I owe what I am to you.

ありがとう の キモチ を のせて ・・・
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  145

富浦の枇杷と鴨川を味わう1日ドライブ

tiba
夏休み入ってすぐの3連休2日目のこの日、ドライブ~~~。
世間が車離れしているこの時、お構いなしで出かけてしまった。
本当は、無職の身には、ガソリン代高騰で遠出は辛いのよ。

ということで、今日もおいしいものを食べに、彼と千葉の南房総、富浦と、鴨川へ行ってきた。

【富浦 道の駅とみうら「枇杷倶楽部」】
「なんで千葉まで行って、道の駅なんだ・・・。」とは言わないで。
今日はここへ、枇杷を堪能しに行ったのだ。

まだまだ寒い2月の頃から、やれ「イチゴ狩り」やら「サクランボ狩り」やら「梨狩り」やら「枇杷狩り」などなど、、、連れてって~~~!!!と、騒いでいた私。
あんなにお願いしていたのに、彼はちっとも連れて行ってくれない。
イチゴ狩りは、最初から行く気ないな、アイツ。
サクランボ狩りは、終わった頃に「行こうか!」って、どういうこと~!?
梨は彼も私も大好きなんだけど、まだ季節じゃない。
で、「びわびわびわびわ・・・、びわ大好きぃ~~。枇杷狩り、千葉でもできる」って私が言っていたのを覚えていてくれたのか、「千葉は遠い!」と普段はなかなか連れて行ってくれない彼が、「おいしぃ枇杷でも食べに行こうか~」と、枇杷を楽しむことになったのだ。

が、、、枇杷の季節もすでに終了。
枇杷狩りはもちろん、出来ず。

彼もわかっていたんだろうね~。
(どうやら昔(11年位前)、キャンプで来たらしく、やたらと「昔はこんなのなかった!!」「すげー、変わった~!」を連発していた。)
枇杷ソフトのおいしいこの道の駅に到着すると、迷うことなく(いろんなところで枇杷ソフトなるものを売っているからね)、「枇杷倶楽部」の建物内のソフトクリーム売り場に直行していた。

枇杷ソフトと枇杷シャーベットを注文するが、本日すでにシャーベットは売り切れ。
・・・えーーーーー!まだお昼前なのにぃ?・・・残念。
ということで、ソフトだけ注文。
ここの枇杷ソフトって、実は超有名ソフトらしい。

ふわっと枇杷の味が鼻に抜けるような、「ん?なんだ?この味は??」って、ちょっぴりだけ甘いチーズが混じっているような違うような、、、不思議な味。
ミルクの味が濃すぎず、なんとなくシャーベットのような口触り。
口に入れた瞬間、フワッと溶けてしまうあの味~~!
うぅ、、これ書きながら、思い出してしまう。
また食べたい。
・・・残念ながら、写真を撮るのを忘れた。
ほんのりオレンジ枇杷の色。(ホントにほんのり)
気がついたら食べ終わっていたのだ。

で、このソフトを食べた後、昼食。
枇杷カレーに枇杷パスタを頼んで、食後に枇杷パフェ。(ソフト食べたばかりなのに)

枇杷カレーや枇杷パスタはピューレをルーに混ぜているらしいのだけれど、あまりよくわからなかった。
パスタはかなりモチモチで、なんだかカレーうどんならぬ、カレーラーメン?・・・なんて彼と話しながら食べた。

で、食後のデザート「枇杷パフェ」はよかった。
本日の一番!!

下からフレーク→枇杷ジャム→枇杷アイス?(シャーベットがあれば、普段はシャーベットみたい・泣)→枇杷シロップ漬け→枇杷ソフト
・・・と、枇杷尽くめ~~~~~。

これまた写真を撮るのを忘れた。
ショック。
なので、こちらをご覧くださいませ。
枇杷倶楽部カフェのびわパフェ(700円って書いてあるけど750円だったような)
(このページは南房総市と「道の駅」とみうら枇杷倶楽部が運営管理しているもの)

ということで、写真がないのもなんなので、ここで1枚。

biwagaitou
これは、富浦付近の街灯。
枇杷だ。・・・おいしそう。(←ウソ)

さてさて、ここで珍しくお買いもの。
「枇杷ジャム」「枇杷くず」「枇杷シャーベット」「枇杷の茶」、、、2,000円を超えていた。
彼は「いつも買い物しないオマエが珍しいねぇ」とニヤニヤ。
「・・・食べ物ばっか。(ボソッ)」・・・と、一言多いよ、まったく。。。
そんな彼は「枇杷のルームフレグランス?スプレー?」を買っていた。
ホント、洒落た人だわ。
車に乗って、早速「スプレー早くして!」というからプシュプシュしたら、ほんのり枇杷のいい香り。
優しい気持ちになった。

で、お腹いっぱいになった私たちは、細い坂道をクネクネ車を走らせ、そこらへんにチラチラ見える砂浜まで下りて行った。
もっと人がいっぱいいるかと思ったけれど、意外と少なく・・・っていうか、全然人いないんですけどー。
海の水は生ぬるく、海辺でピチャピチャしても、ちっとも気持ち良くなかった。
彼は海はキライと、水に近づかず。
岩辺でじっとしているカニさんたちを、これまたジッと見つめていた。

【鴨川 魚見塚展望台】
その後、中途半端な時間のため、鴨川まで行くかどうしようかということになった。
(今日は鴨川シーワールドにも行こうかと言っていたのだ)
途中、お祭りで道路が塞がれたりしていて、すでに14時半過ぎ。
そこで、鴨川の魚見塚展望台に行くことにした。

uomi01 uomi02
漁師たちが魚の群れが来るのを、昔見張っていた場所だという。
太平洋を一望できるスポット。
私たちが行ってかえってくるまでにも、何組かのカップルとすれ違った。
こういう綺麗なものを、大好きな人と二人で見るってのはいいもんだ。
行って、駐車場から展望台まで登って・・・ゼィゼィ・・・ハァハァ・・・って、見るのは一瞬なんだけどね。

写真を見てわかるように、海の色がとってもきれい。
展望台から見ても、海が透き通っているのがわかった。

ここにはブロンズ像があって、この像の前で誓いをたてると成就するらしい(「誓いの丘」と言われているらしい)のだけれど、何も誓ってこなかった。
失敗したぁ~~~~~~~~~。

そうそう、海もきれいだったけれど、ココから見る鴨川の夜景もきれいなんだろうなと思った。
夜もいいかもね。
でも、、、夜、真っ暗な中、ここまで行くのは、ちょっと怖いかも。
駐車場からこの展望台まで、街灯あったかな。。。
ちょっとした、肝試し?(私は極度な怖がりだから、そう思うのかも)

【鴨川 漁師料理 いいとこ】
そうこうしてるとすでに夕方。
そんなにお腹も減ってないけど、早めに夕食にしようってことになった。
観光客で混むからね。
そして行ったお店がココ。「いいとこ」

iitoko
手前から「鯛めし」「マグロカマのネギマ煮(おススメだって)」「刺身3種盛り定食のお刺身」、すごいでしょ~。

「元祖でぶや」の取材で、石ちゃんが「まいうーな笑顔」で鯛めしのどんぶりを持っている写真を見てしまい、このお店が気になり行ってきた。
漁師料理ってことで、豪快だったよ。
量も、お味も。
ちょっとしょっぱかったかな。
鯛めしの鯛は、ほんのり甘く、やわらかく、ちょっとしょっぱく硬めのご飯が、よりそれを引き立てていた。

それにしても、いろんなTV番組の取材を受けているからなのか、お客さんが次から次へと来る。
私たちは16時45分くらいにお店に入ったから、まだ入店2組目で、余裕で座れた。
カウンター10席位にお座敷のみだから、あまり広い店じゃない。
すぐに満席になって、私たちが食事中にも何組か断られていた。
早めの夕食にしておいて、よかったよ。

【岐路】
そして今日もちょっぴり悲しい岐路。
・・・が!!!
今日は車の中で二人で盛り上がった。

50000kiro
走行5万キロ、達成~~~~~!!!!!
「早く早く!!写真写真~~~~!!」と言いながら撮ったので、ちょっとボケちゃった。
私たち、一緒に出歩くようになって、割とすぐに彼が買った車。
二人でいろんなところに行ってるっていう、ちょっとした記念だ~!

そうそう、帰りの高速は、千葉市に近づくと渋滞情報がひんぱんに流れたため、国道16号を北上して帰った。
高速を降りて16号に入ったばかりの辺りはノロノロだったけれど、しばらくしたらスイスイ。
イライラすることなく(って、イライラしてないのは、運転してない私だけ?)、帰って来た。
これが普段の(ガソリン高騰してない)夏休みなら、もっと渋滞がすごかったんだろうなぁ。

さてさて、、、彼と同じ部屋に帰り、おいしいお茶でも飲みながら「今日は楽しかったね~」と言える日を夢見て、今日のレポはおしまい。
楽しかった。
スポンサーサイト

別窓 | 日記・コラム・つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<パンチ・パンチ・パンチ~ | I owe what I am to you. | 梅雨明け>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| I owe what I am to you. |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。