I owe what I am to you.

ありがとう の キモチ を のせて ・・・
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  139

初夏の軽井沢

強い陽射しが肌にささるかと思えば、突然の激しいスコールが襲ったこの日。
久々の遠出!
軽井沢に行ってきたのだ~!!

・・・と、写真をいっぱいアップしたかったのだけれど、この日はカメラを忘れちゃった。
なんと彼が約束の時間より45分も遅れてきてさ。
だったらカメラ取りに帰れたのにぃぃーー!!
仕方ないので、写真アップは1枚のみ。
携帯カメラがダメダメで、ホントがっくり。

で、まずは腹ごしらえ。
オシャレなイタ飯風のお店は今回はやめて、蕎麦屋に入った。
いまいち!!(店の名前は・・・忘れた。きっと二度と行かないだろうからいいのだ。)
実は今日、準備中になってて入れなかったんだけれど、「志な乃(十割さらしな)」ってお店がよさげだった。
帰ってきてからネットで検索すると、テレビで軽井沢ランチランキングで放送されたことのあるお店だったらしく、、、
うぅ、、やっぱりちゃんと調べて行かないとダメよねぇ~。

【白糸の滝】
siraitonotaki
本日の癒しスポットその1。
くっきりヒンヤリの空気が漂い、車を降りてすぐにマイナスイオンに癒されたけれど、これに懐かしさも加わり現世を忘れさせてくれる空間だった。
少なめの水に手を入れると、凍りついてしまいそうな(おおげさ?)冷たさ。
自然と流れ出る水に手を伸ばし、口に含んだ。
まろやかでおぃしぃ~~い!

それにしても、人でウジャウジャだった。
これから本格的な夏。
更に多くの人でにぎわうんだろうな。

【竜返の滝】
白糸の滝から、竜返の滝への案内があったので、林道?を行ってみる。
・・・これが間違いだった。
行けども行けども、、、ないよ、滝ぃぃ~~~。

林道には「熊注意」の看板が出ているし、虫は飛んでるし、足元はゆるんでいるしで、ラフなサンダル履きで出かけた私たちは、ゼィゼィ言っていた。
そしてついに道路を発見!

・・・・・自動車専用道路って・・・・・
参った。。。

仕方なく、引き返した私たちなのだった。
で!!!!戻ってきて地図を見てビックリ!
私たちが目指していたこの滝は、白糸の滝からさらに4キロも行ったところにあったのだ。
・・・戻ってきてよかったような、あそこまで進んだのに、悔しいような・・・

ま、またいつか。
高さはあまりないようだけれど、水量が多くて結構迫力のある滝らしい。

【展望台】
この後、ちょっとした展望台に向かうが、、、
突然の雨・・・だけでなく雷まで鳴って、山々は影さえ見えず。

【温泉】
本日の癒しスポットその2。
気を取り直して、歩きまわって汗だくになり、重くなった足や体を癒しに温泉へ。
温泉というか、合宿所というか。。。
テニスコートの広がるその場所にある温泉のお湯は、とってもとっても熱くて、着替えも含め40分弱しか入っていられなかった。
どんな効能があるのかはわからなかったけれど、コリコリの肩と、指先にジンジンきた。
それだけ熱いお湯なのに、なぜかあがるとスッキリ!
外に出ると雨もあがり、いいお天気、、、風も心地よくて、疲れなんてすっかり飛んじゃったのだった。

【軽井沢タリアセン】
本日の癒しスポットその3。
そして最後に訪れたのが、ここ、軽井沢タリアセン。
??タリアセン???ってなんじゃ?
そういう方のために、一番いいのがリンク。
ということで、この軽井沢タリアセンがどんな施設なのかは、←リンク先を見てみてね。
軽井沢に行ったら、どこに行こうかなぁ~、、なんて考えている人には、おススメできる場所だと思う。

いろいろ見たり、ちょっと遊んだり、、、のぉ~んびりしたり。

私たちはここで、ボートに乗った。
普通の手漕ぎボートで1時間1,300円。
女の子3人組が初めての体験だったようで、スタッフのお兄さんがしばらく並んでボートを漕いでいた。(その後、かなり慣れたようだったけれど、かわいいことに前後逆にボートを漕いでいたよ。こんな風景もいいのだ。)
私も漕がせてもらって、それも楽しかったけれど、何より「何かに集中してる彼を真正面からマジマジと至近距離で見られる」のがよかったぁ~。
ちょっぴり照れるけれど。
あとは、彼女が日傘をさし、彼がボートを漕いでいるカップルがいて、大人な雰囲気が素敵だった。
・・・またボート乗りたいなぁ。

【岐路】
そして、わざわざコレを書くのは何故かというと。。。
怖い体験をしたよぅ~。

帰りは事故か何かで高速が通行止めになっていた。
一般道を選択した私たちに待っていたものは・・・・・。
雷をともなうスコールの中の峠越え。
碓氷バイパスを利用し峠を越え、グニャグニャと。。。

車間距離をあまりとらない彼に、何度「こわいぃーーーーっ!!!」と叫び、膝(腿)を連打したことか。
自分が大丈夫でも、前後左右の車がどういう動きをするかはわからないもの。
車間距離は、しっかりとりましょう。

途中、トラックと乗用車が1路線で並走しちゃって、危うくサイドがぶつかりそうになったのを、ほぼ目の前で見たよ。
こわぁ~い、あぶなぁ~い。
もし、前方でその2台がぶつかっていたら、、、
どんなに運動神経のいい人でも、急ブレーキは間に合わなかっただろう。
コワッ。

・・・と、気づくと長い文章になっちゃった。

そうそう、最後になったけれど、あとひとつだけ。。
実は彼は今日、朝チコクして来ただけじゃなく、他にも粗相をしたのだ。

昔むかしの、その昔、私じゃない彼女と一緒に軽井沢に旅行で来たその形跡を車の中に残していたのだった。
実は私、これは一昨年の11月、初めて彼と富士急ハイランドに遠出した時に、「マップを見て」と彼に言われ、その時すでに気がついていたのだけれど(その時は一瞬かたまった)、しらんぷりしていたのよね。
彼はそんな昔のこと、スッカリ忘れちゃってたんだろうね。
そんなものが残っていたってこと。
そして私と付き合うようになり・・・
本日また、彼はそのマップで確認してと言ってきた。


まだあるんだろうなぁ、って一瞬思った。。。

でも、あった瞬間、普通に「も~~~!」とマップで頭をボカッっと。

・・・彼、一瞬わけわからず、の状態だった。

「なになにっ!?」「なにがあった!?!?」って言うから、マップを渡したら、その後、「何これ、なにコレ」って。
その後、シィ~ン。

笑えた。
かわいい。

彼はわかりやすいんだよね~。
あれは、浮気したら即わかるね~。

ということで、粗相だらけの彼は、今日の食事(朝・昼・晩(&おやつ))をぜぇ~んぶおごってくれたのだー!
わぁ~~~~~~~いっ!

楽しかった。
また行きたいな~。今度はちゃんと事前計画たてて。。
スポンサーサイト
別窓 | 日記・コラム・つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<参った | I owe what I am to you. | 気持ちも体もスッキリ~アロマオイルマッサージ~>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| I owe what I am to you. |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。