I owe what I am to you.

ありがとう の キモチ を のせて ・・・
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  134

彼との大切な話

なんだかんだ記事をアップしていたけれど、彼とのことで、ここ半年程私の精神状態は不安定だった。
不安定とはいっても、これまでのひどい状態の時よりは、ずっと安定しているけれど。。

彼が私のことを大切に思ってくれているのは本当によくわかる。
でも、わかるのはそこまで。

彼が、これからのことを、どう考えているのか。
どう考えていて、どうしたいのか、、、
・・・・・見えなかった、、、全く。。。

仕事でいっぱいいっぱいな彼に、これからのことをどう考えているのか、なんて言うのは酷かな、と思い、我慢して我慢して・・・

でも私ひとりじゃ出せない答え。
私たち二人が、これからどうしていきたいか。

結婚するとか、しないとか、それだけの問題ではない。
これから「どう生きていくか」ということに関係してくる。

今日は、彼とこのことについて、少し真面目に話をした。

「私たち二人が、これからどうしていきたいか」、この答えはもちろん、出なかったよ。
今の段階では、出なくてもいいんだ。
なぜなら、今の目的は、この答えを出すことではない。
まずはお互いの現状を理解し、その上で、お互いがそれぞれのこれからを、考えるための時間だったから。
今の彼は、それで精一杯。
だからそれを理解して、今、自分がどう過ごしていくかを考える機会になった。

今日の彼との時間共有で得たものは2つ。

◆まずは「自分」がこれからどう生きていきたいか、以前よりはっきりした思いが持てたこと。
◆そして彼が「ずっとそばにいて欲しいと思っている(けど、強要はできないよ)」と言ってくれたことを素直にうれしく思い、そばにいようと思ったこと。

そうそう、彼に言われた。
「オレはお前につりあわない」「グィグィ引っ張っていけるタイプじゃないし」って。
なんじゃそりゃー!?と思ったけど、今の彼には、仕事で自信を持てるようになることが一番必要なんだなぁって、改めて思った。
だから、必要な時に、そばで話を聴ける女性でありたいと思う。

--------
それにしても、彼はまだ解っていないらしい。。。
私が一番求めているのは「グィグィ引っ張っていってくれる」ことではないことを。
「だまってそばにいてくれる」ことが、私にとっての一番の安らぎで、その点で言えば、彼はダントツ飛び抜けているのになぁ。。。
私の昔の男には勝てないと思っていることを、今日、初めて知った。。。
お願いだから、話してもいない私の昔の男を勝手に想像しないでくれぇ。
私は今、あなたが一番よくて、一緒にいるのだから。。。
ま、それはまた、彼に少し余裕ができて、今より「ずっとそばにいてくれる」ことが可能になった時に、伝えることにしよう。
スポンサーサイト

別窓 | いつか彼に。。。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<30代後半の転職活動身だしなみ | I owe what I am to you. | たった1本の電話>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| I owe what I am to you. |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。