I owe what I am to you.

ありがとう の キモチ を のせて ・・・
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  154

彼からの連絡に応答できず

「楽しい夏を過ごしたい」
そう言っていたはずなのに・・・

気がつけば、落ち込んだり、、、泣いたり、、、

ま、泣けてるうちは大丈夫なのだけれど。


最近歳をとったからなのか、なんだか冷めてる自分もいる。
落ち込んだり泣いたりしてるって言った直後にこんなこと言うのもなんだけど。

そう、泣くとスッキリするのか、余計に冷めている。

-----

昨夜、急に気がついたことがある。

日曜日、彼と話をした。

いつも二人でいる時は、正面向き合って話すことのできない私たち。
その日も二人でいる時間にではなく、電話で話すことになった。

彼は聞いているんだか、聞いていないんだか。。。
俺には関係ないというのか、自分で決めろということなのか。。。
そして、、、電話の向こうの彼は、眠そうだった。

「そんなことない」という彼。
そして、自分の考えを伝えようとする彼。

黙って聞く、私。


彼はこの時、こう言った。
「今年は何とか乗り切っても、来年はもっと税金がかかるんだから」
「前の仕事だって、給料低いって言ってたのにやっていけるのか?」
「・・・それを心配しているから言ってるんじゃないか」

と。。。

話は私が提示されている給与について。

彼との話は「給料から始まり給料に終わる」ような気がしていた。
だから今回もまた、それ(給料)が一番の問題なのか?って思ってしまった。

・・・・・。

彼は給料がいい悪いが問題だと言っているのではないと言った。
ようするに、
「その金額で、税金が増える来年以降、一人でやっていけるのか?」
ってことだった。

そう、この話をしている最中、私は気がついていなかった。
彼の本心???に。

それは、、、
「来年も、私は一人で生活してる」
ってこと。

間接的にだけれど、彼が私との生活を考えていないって、わかってしまった。
それが、ずっとかどうかはわからない。
でも、「来年には」っていうことは、考えていないんだ。。。


私は、この現実を、直視すべきだよね。
大げさだろうか。

いや、、、「一人暮らしをする」と言いながらすでに2年。
彼はいい歳して、まだ両親と暮らしている。
これが現実。

私との生活には、実家での生活を上回るプラス要素がないのだろうな。
もう、勢いで「一緒にいたいから」なんて気持ち、ないのだろうな。

あんまり安心されすぎて、落ち着かれすぎても、私、引いてしまうのですが。

スポンサーサイト
別窓 | いつか彼に。。。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  134

彼との大切な話

なんだかんだ記事をアップしていたけれど、彼とのことで、ここ半年程私の精神状態は不安定だった。
不安定とはいっても、これまでのひどい状態の時よりは、ずっと安定しているけれど。。

彼が私のことを大切に思ってくれているのは本当によくわかる。
でも、わかるのはそこまで。

彼が、これからのことを、どう考えているのか。
どう考えていて、どうしたいのか、、、
・・・・・見えなかった、、、全く。。。

仕事でいっぱいいっぱいな彼に、これからのことをどう考えているのか、なんて言うのは酷かな、と思い、我慢して我慢して・・・

でも私ひとりじゃ出せない答え。
私たち二人が、これからどうしていきたいか。

結婚するとか、しないとか、それだけの問題ではない。
これから「どう生きていくか」ということに関係してくる。

今日は、彼とこのことについて、少し真面目に話をした。

「私たち二人が、これからどうしていきたいか」、この答えはもちろん、出なかったよ。
今の段階では、出なくてもいいんだ。
なぜなら、今の目的は、この答えを出すことではない。
まずはお互いの現状を理解し、その上で、お互いがそれぞれのこれからを、考えるための時間だったから。
今の彼は、それで精一杯。
だからそれを理解して、今、自分がどう過ごしていくかを考える機会になった。

今日の彼との時間共有で得たものは2つ。

◆まずは「自分」がこれからどう生きていきたいか、以前よりはっきりした思いが持てたこと。
◆そして彼が「ずっとそばにいて欲しいと思っている(けど、強要はできないよ)」と言ってくれたことを素直にうれしく思い、そばにいようと思ったこと。

そうそう、彼に言われた。
「オレはお前につりあわない」「グィグィ引っ張っていけるタイプじゃないし」って。
なんじゃそりゃー!?と思ったけど、今の彼には、仕事で自信を持てるようになることが一番必要なんだなぁって、改めて思った。
だから、必要な時に、そばで話を聴ける女性でありたいと思う。

--------
それにしても、彼はまだ解っていないらしい。。。
私が一番求めているのは「グィグィ引っ張っていってくれる」ことではないことを。
「だまってそばにいてくれる」ことが、私にとっての一番の安らぎで、その点で言えば、彼はダントツ飛び抜けているのになぁ。。。
私の昔の男には勝てないと思っていることを、今日、初めて知った。。。
お願いだから、話してもいない私の昔の男を勝手に想像しないでくれぇ。
私は今、あなたが一番よくて、一緒にいるのだから。。。
ま、それはまた、彼に少し余裕ができて、今より「ずっとそばにいてくれる」ことが可能になった時に、伝えることにしよう。
別窓 | いつか彼に。。。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  95

京都旅行

初めての、彼との京都は雨だった。
寒くて寒くて、二人で震えた。

二人でたてたスケジュールも大幅変更。

それでも、楽しかった。
彼との二人だけの時間が、とてもあったかかった。

きっと、これからの人生も、こうして予定通りにいかないことばかりだろう。
それでもこの旅行のように、彼と「アーだ、コーだ」言いながら、でもあったかく過ごしたい。

-----

いっぱい歩いて疲れたね。
でも、一緒に過ごしてくれた時間が、とっても大切な思い出になったよ。
疲れてるのに、ありがとう。

そして、また連れてってね。

-----
続きには、思い出の写真を。

tujiri.jpg
~高台寺近くの「茶寮 都路里」にて~
定員さんからのおすすめ
**特選都路里パフェ**
都路里のおいしいところが、みぃ~んなつまってるパフェ。
クリーム(一番上のクリーム、ちょっと白く映ってるけど、抹茶なの)から抹茶カステラから、抹茶ゼリーから・・・何からなにまでぉぃしぃ~~~~いっ!!
ボリューム満点で、さらに周囲のお客さんからの視線も浴び、寒い一日が、あっという間にホクホクの一日に!
「特選」と付かない「都路里パフェ」もあるんだけど、絶対こちらがおススメ!

ちなみに彼は「都路里しっぽくセット」を頼んだ。
季節限定品(?)のようだけど、通常メニューにしてほしい!
おダシがとっても上品な、これこそ体の中からあったまる一品だった。

---

toshiharu.jpg
~京の町屋の宿「十四春」~
今回は都合により一泊しかできないから、きっと忙しい旅行になるだろうと思い、せめて泊まるところは「京都」をゆっくり味わえる処に・・・とのことで、選んだお宿。
寒いさむい京都だったけれど、ほっくり温かなお宿で過ごせた。
やわらかな空間に身を包まれ、日中の疲れもとんだなぁ。
と、私の下手な写真じゃなく、ぜひ「十四春」さんのホームページで、私たちの感じた癒しを味わってほしい。
宿泊料金も、かなりお手頃だったよ
別窓 | いつか彼に。。。 | コメント:0
∧top | under∨
No  94

小さな幸せ時間

先週、彼と兄貴の買い物をした日、、、
うちに帰ってから京都旅行へ向けて、宿泊先をサクッと決めたのだ。
そうそう、書いてなかったけど、彼があったかくなったら京都(遠出)に連れて行ってあげると言ってくれたの。
ドライブしてて、お天気いいと、やっぱり「どこか遠くへ」行きたくなっちゃうのだ。

ということで、今日は彼と京都旅行のスケジュール&交通機関利用についての検討会~~~!!!

こういう時間が嬉しいんだよねぇ。
世の男性諸君、わかってください。

「連れて行ってあげよう」って気持ちも、、
「当日、楽しく喜ばせてあげよう」って気持ちも、、、
もちろんうれしいのです!

でもでもっっっ!!!

こんな「当日までの楽しみ」、、、この過程を、時間を、大好きな人と一緒にアァーだコォーだいうのが、とっても嬉しくもあり、楽しくもあるのです。


ちなみに私の彼は、
「オマエ、行きたいとこピックアップして(決めて)おけよ。」
と、言っておりました。
全部、任されちゃうのかなぁ、、、と、ちょっぴりシュン×××としておりましたので、彼から今日のこの時間を提案された時には、もぉお~~うニッコニコのワクワクなのでした。

楽しみだなぁ。
3月ももう残り少なくて、この時期こうしてるってことは、4月から新しい職場で仕事してるってことは無理だってことになっちゃうけど、いいのだ。
今は、この時間を大切に過ごそう。

3月、あっという間に終わっちゃいそうだなぁ。
別窓 | いつか彼に。。。 | コメント:0
∧top | under∨
No  92

大切なこと。大切な日。

今日もすごい風で・・・。
うち来てくれるって言ってたのに、また流されて、大事な時なのに。。。
と思ったら、泣きながら彼にTelしてしまった。

先週も言われた。
「やりたいことをしたらいい」と。
自分のせいで、やりたいことをあきらめてほしくないと。
でも、これって私にはキツイひと言。
だって私の1番したいこと、なりたいものって、ママだもの。

今日、彼に話した。
子どもができて、でも臨月に死産したこと。
そしてまた、そうなる可能性がないとはいえないこと。

彼は明後日、うちに来て、ちゃんと話をすると言ってくれた。
彼の重い様子はわかった。
そりゃそうだよね。
そんな彼が来てくれると言ってくれたこと、とっても嬉しかった。

今日は大切な日になった。
別窓 | いつか彼に。。。 | コメント:0
∧top | under∨
No  89

初チョコのゆくえ

昨日はバレンタインデーだったー!

お仕事は、、、有休とっちった。。。

ここんとこ、休みと言えば、パソコンばかりが気になっていた私。
彼へのチョコも、どうしようと思いながら、選べずにいた。

彼、チョコ好きじゃないからなぁ。
でも、抹茶好きだし、、、抹茶関連のものにしようかなぁと、マジ考えた。

で、、、せっかく用意したのにぃー。
昨夜、彼はうちに来てくれた。
今朝、うちから職場へ直行。
・・・チョコはうちへ置いて行きました。。。
(泣)))))
荷物になるからって。
このチョコ、ホントにちゃんととりに来てくれるのかなぁ。

・・・好きな人に、バレンタインデーに、手渡しでちゃんと渡せた初めてのチョコだったのにな。。。
彼はやっぱりチョコはヤダったのかな。。。
別窓 | いつか彼に。。。 | コメント:0
∧top | under∨
No  86

伝わったかな。。。

彼は連絡するって言ってたけど、やっぱりないまま英会話終えて帰ろうとしてたよ。
また流されちゃうのかなぁ・・・って思ってたところに友達からTelがあった。
お店のことも、家庭のことも頑張ってる彼女と話をした後、彼にTelしてた私。
「今、一緒にいることに不満はない。一緒にいたいし、いると楽しいからこそ、それに流されてしまうのはイヤなんだ。ちゃんと自分の人生を考えなくちゃ。私は全部はこなせないから。」
って伝えた。
彼はわかってくれたかな。
今日すぐ返事はムリだけどちゃんと考えるからっては言ってくれた・・・ケド。。。
別窓 | いつか彼に。。。 | コメント:0
∧top | under∨
No  81

私の2007 年

田舎で迎えた今年。

なにも変わりなかったかのような、この1年。
穏やかで、涙を流すことはほとんどなく、笑顔でいっぱいの1年だった。
去年も幸せだらけの1年だったけれど、今年はそこにいろんな面で安定が加わって、更に気持ち穏やかだったかな。
こんなに幸せに過ごしていて、いいのかな、ってくらい。
私の周りのみんなに感謝。
独りでは、こんなに幸せな気持ちにはなってないもの。

ありがとう。

そして、来年も、更に笑顔で穏やかに過ごしたい。
また来年も、どうぞよろしくね。

最後に。彼は去年とは私たちの関係は変わったって言っていた。
私は変わりなく感じていたのだけれど。
彼には目に見えない変化があったよ、ってことかな。
来年は、もっと変われるかな。
大好きな気持ちは変わらぬまま。
もっと彼の近くにいられるようになりますように…。

別窓 | いつか彼に。。。 | コメント:0
∧top | under∨
| I owe what I am to you. | NEXT
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。